リゾナーレ八ヶ岳 子供連れに人気の星野リゾートホテルに宿泊。口コミがてらリポート。

先日の記事にも書きましたが、夏の旅行ですっかり気に入ってしまった八ヶ岳に、再度季節を変えて、家族旅行で行って参りました。

今回の宿泊先は、星野リゾート【リゾナーレ八ヶ岳】です。
その時の様子を口コミがてらレポートしたいと思います。

※2017年11月の情報です。最新情報は施設のホームページ等でご確認ください。

夏の八ヶ岳旅行で宿泊した宿の記事はこちら↓

【カントリーイン オーチャードハウス】八ヶ岳は清里の素敵宿に幼児連れで泊まってきた




宿泊予約はリゾナーレ公式ホームページから

リゾナーレは家族連れ・子連れに優しいとの噂を聞きつけ、興味を持ちました。
ネットで調べると、実際、子連れ客の口コミ評価も高く、これは一度泊まってみねば!と思い、今回はリゾナーレに決めました。

我が家は、宿をとる時は、大抵楽天トラベルから宿泊予約を入れることが多いのですが、今回はリゾナーレ公式サイトで予約を入れました。
公式サイトが、宿泊プランをベストレート保証していたので、素直にそれを信じて公式サイトからにしてみました。

宿泊プラン名は、「早割60日前優待ビュッフェ&グリル「ワイワイグリル」<夕朝食付>」です。
早割で、通常料金より割引価格で泊まることが出来ました。
また、特典として、リゾナーレのプール「イルマーレ」の滞在中フリーパスが付いていました。
「イルマーレ」の記事はこちら↓

リゾナーレ八ヶ岳のプール【イルマーレ】で遊ぶ。身軽で利用できる屋内型プールを満喫。

星野リゾートは決してお安くはないので、少しでも割引価格で泊まれるのは有難いのですが、ネックなのは、予約完了と同時にキャンセル料が発生することですね。
予約完了時点から宿泊料の10%がキャンセル料として発生します。
そして、宿泊の3日前からは100%のキャンセル料がかかります。
小さい子供がいると、突然の体調不良や発熱などがあり、ドタキャンの可能性もありえるので、このシステムは子連れに優しいのか、若干疑問に感じましたが、何事もない事を祈って予約を入れました。
ちなみに正規料金で予約の場合でも、3日前から100%のキャンセル料というのは適用されるみたいですね。
このシステムはいただけない・・・・。
まあ、でも、当日キャンセルとなれば、どこの宿でも100%キャンセル料はかかるので、このシステムが子連れにリスクが高いと言う訳でもないのかな・・・・?

 

チェックイン時刻(15時)より早く到着

リゾナーレ八ヶ岳には、チェックイン時間の15時より30分程早く到着してしまいました。
15時までは施設内をぶらぶらして時間を潰せばいいかと思ってましたが、車寄せに着いたら、すかさずベルボーイの方がお迎えに来てくれました。
そのままフロントまで案内されて、チェックイン。
客室を使えるのは15時からでしたが、混む前にチェックインできて、荷物も預けて部屋まで運んで貰えるので、身軽になれて良かったです。
荷物は15時までに部屋に運べる訳ではないとのことだったのですが、15時ちょっと過ぎに部屋に入ったら、既に荷物は置いてありました。

なお、我が家は、15時までの時間をピーマン通りで過ごしました。

リゾナーレ八ヶ岳 ピーマン通り

ピーマン通りにある「八ヶ岳ファーマーズケーキ」で、超寒いのにアイスクリームを食べました。
娘はソフトクリーム、私はパフェを頂きました。

リゾナーレ八ヶ岳 ピーマン通り
八ヶ岳ファーマーズケーキにて

寒い寒いと思いながら食べて、ふと外を見ると雪が舞っていました。
道理で寒い訳だわ。
11月でこの寒さってことは、真冬はどうなっちゃうんだろう?

 

客室(スタンダード・モダン)の様子

私達が泊まった部屋はホテル棟のスタンダード・モダンタイプです。
ちょっと古さも感じましたが、清掃が行き渡っていて清潔なお部屋でした。

ベッドルーム

モダンでシンプルなインテリアです。
ベッドはセミダブルベッドが2台。
娘を含めて3人の宿泊予約だったためか、ソファーもベッド仕様になっていました。

リゾナーレ八ヶ岳 スタンダード・モダン
ベッドとソファベッド

ベッドの反対側は壁掛けテレビとデスクがありました。

リゾナーレ八ヶ岳 スタンダード・モダン
壁掛けテレビとデスク

カーテンを開けると、バルコニーになっていました。

リゾナーレ八ヶ岳 スタンダード・モダン
バルコニー

テーブルと椅子も置いてありました。
ただ、隣のお部屋との仕切りがスケスケの格子だし、向かいのお部屋も比較的近いので、のんびりバルコニーでくつろげる感じではないかな〜と思いました。
というか、私達が泊まった時期(11月)は寒過ぎて、とてもバルコニーで過ごすなんて出来ませんでした。

バルコニーから下を見ると、向かいに、夕食・朝食を頂くことになっている「YYグリル」がありました。

リゾナーレ八ヶ岳 YYグリル外観

水周り

洗面・トイレ・バスタブはワンルームになっていました。

リゾナーレ八ヶ岳 スタンダード・モダン
水周り 左側にバスタブあり

リゾナーレ八ヶ岳 スタンダード・モダン
水周り バスタブ

独立型のバスルームじゃないので、洗い場はありませんでした。

玄関前

玄関前の廊下部分には、クロゼットと冷蔵庫などがありました。



まだまだ書きたい事が沢山あって長くなりそうなので、今日はここまで。
次回は部屋のアメニティの事から書きたいと思ってます。

と言う訳でまた次回。
ではでは・・・・。

 

スポンサーリンク