【東京ステーションホテル】子連れファミリープランの宿泊記。ゴージャスでおしゃれなホテルにテンションMAX!

夏休み期間中の平日、ふと思い立って、前々から一度泊まってみたいと思っていた【東京ステーションホテル】に家族で宿泊してみることにしました。
思い立ちで決めた事なので、宿泊日の前日に楽天トラベルから予約を入れました。
プラン名は「【夏休み限定】家族旅行におすすめ★お土産付き&添い寝のお子様朝食無料」です。

その時の様子をレポートしたいと思います。

※2017年8月の情報です。最新情報は施設のホームページ等でご確認ください。

 

東京駅直結のホテル 場所がちょっと分かりづらい?

名前の通り、東京駅直結のホテルです。
というか、東京駅内のホテルと言った方が正しいのかな?

私達は電車で行き、地下1階の「丸の内地下中央口」改札を出て、地下道を通ってホテルにアクセスしようとしました。
丸の内南口直結とあったので、とりあえず丸の内南口を目指したのですが、地下だと分かりづらく、ちょっと迷ってしまいました。
素直に、まず地上に出るべきだったと思いました。
丸の内側に出ることさえ間違わなければ、地上に出れば、ホテルがでで〜んとあるので、まず迷う事はなかったかな?と思います。

東京ステーションホテル 外観

ホテルの入口は、主にメインエントランスとサブエントランスの2カ所です。
(それ以外に、レストランやスパへのエントランスが別にあったり、セキュリティがかかった宿泊者専用の入口もあります。)

丸の内南口から入れるのは、サブエントランスです。
みどりの窓口の隣に、見過ごしそうな程ひっそりと入口があります。

東京ステーションホテル
丸の内南口のサブエントランス

写真で言うと、みどりの窓口の左横にあるドアが、東京ステーションホテルのサブエントランスになります。
サブエントランスから入ると、フロントまで少し歩きます。
ロビーラウンジを通り過ぎた所にフロントがあります。

一方、メインエントランスから入ると、すぐにフロントなので、初めての方は、とりあえず地上に出て、メインエントランスから入るのが分かりやすいかと思います。

東京ステーションホテル メインエントランス

 

ゴージャスなフロントロビーでチェックイン

フロントロビーは小ぢんまりしていますがゴージャスです。
心なしかお客さんも皆お金持ちそうに見えます。

東京ステーションホテル
フロントデスク側からロビーを撮影

ちょっと場違いな所に来てしまった気がしてしまいましたが、フロントスタッフの方々は庶民丸出しの私達家族も丁寧に迎え入れてくれました。
記念撮影をしようとしていたら、すかさず「お撮りします。」と声を掛けてくださって、素敵な1枚を撮ってくれました。感謝!

東京ステーションホテル
ロビーで家族3人記念写真

ロビーのインテリアといい、スタッフの対応といい、のっけから好印象♪

 

ベルスタッフに案内されて、お部屋へ

チェックイン後、ベルスタッフさんがお部屋まで案内してくれました。
私達が泊まったのは、4階建てホテルの2階、パレスサイドスーペリアツインというタイプのお部屋です。
このホテルは、とにかく横に長いので、フロントから部屋まで結構歩きました。
長い廊下が続くので、迷子にならないか心配になりましたが、エレベーターの場所が分かるようにとの工夫がされていました。
長い廊下のブラケット照明は、エレベーターホールの場所だけ、色を緑色に変えています。
おかげで、滞在中迷う事はありませんでした。

東京ステーションホテル 長い長い廊下

部屋へ向かう途中、廊下からこんな景色も見れます。

東京ステーションホテル
廊下から丸の内中央口改札が見れる

やっと、お部屋到着!
ドアを開けた瞬間、「わぁ〜♡」と思わず感嘆してしまうようなめちゃめちゃ素敵なお部屋です♪

東京ステーションホテル
パレスサイドスーペリアツインルーム

天井が高いし、インテリアセンスが、まさに私のツボ!

部屋の窓から見える景色も素敵です。
まさに東京の中心って感じ♪

東京ステーションホテル
パレスサイドルームからの景色

一気にテンションが上がります!

ここで、ベルスタッフさんが、ホテルの案内や部屋の説明の後、家族写真を撮ってくださいました。
これは、申込んだ宿泊プランに含まれていた特典です。
部屋で撮影でもいいし、他の場所でもいいと言われましたが、私達は、部屋での撮影をお願いしました。
撮った写真は、ホテルオリジナルの台紙に貼って、チェックアウトの際に頂けました。
ベルスタッフさんも、愛想が良く、好印象な方でした。

 

まだまだ書きたい事がたくさんあって、長くなりそうなので、今回はこの辺にしておきます。
次回は、お部屋の詳細やアメニティ関係のレポートなどから始めたいと思ってます。
と言う訳で、次回へつづく・・・・・。

 

スポンサーリンク