広尾の遊び場 有栖川公園と麻布こども中高生プラザのセット利用がおすすめ

東京は広尾の駅近くにある、『有栖川記念公園』にこどもを連れて遊びに行って来ました。
その際に、公園の隣にある、『麻布子ども中高生プラザ』という児童館の様な施設もついでに利用させてもらいました。
公園の近くに児童館があると何かと便利ですよね。
その時の様子をレポします。
広尾でこどもの遊び場を検討しているどなたかの参考になれば幸いです(^^)。

※本記事に記載の内容は、2018年11月の情報です。最新情報は施設のホームページ等でご確認ください。


有栖川記念公園概要

有栖川記念公園は、東京は港区の南麻布にあります。
最寄り駅は東京メトロ日比谷線の広尾駅。
広尾駅からは徒歩で3分程です。
駐車場は完備されてないので、車の場合は近隣の駐車場を利用することになります。

東京のど真ん中にありますが、都心とは思えないくらい広くて(面積67,131.11平方メートル)緑の多い公園です。

有栖川記念公園 MAP

有栖川記念公園は緑がいっぱい

 

公園内の児童コーナーの様子

緑が多く、散策するのにはとても気持ちの良い公園ですが、やっぱり子連れには遊具がないとね~。
という訳で、公園内の一角にある子供向けエリア『児童コーナー』をレポートします。

児童コーナーの位置・行き方

有栖川記念公園は高低差があり、広尾駅側が一番低く、麻布側に向かって高くなっています。
『児童コーナー』は公園の中ほどに位置してますが、広尾駅側から向かうと、階段を上り切った所にあります。

有栖川記念公園
この階段を上り切った所に児童コーナーあり

階段なので、ベビーカーの方は、公園の外の道『南部坂』から上ってください。

児童コーナーにある遊具類

では、『児童コーナー』にある遊具類を順にご紹介♪

ここ↓は、特に赤ちゃん向けのエリアですね。

有栖川記念公園
児童コーナーの遊具

赤ちゃん向けと言いつつ、ウチの娘(5才)はこのブランコにハマっていました。

有栖川記念公園
児童コーナーのブランコ その1

このブランコ↑は、前後だけでなく、左右や斜めなど自由に揺らす事ができるので楽しいです。

更に数段ほど階段を上ると、広いスペースになっていて、そこにも遊具があります。

こちらのブランコは、前囲いのあるブランコ(写真手前)であれば、赤ちゃんでも安心して乗せられますね。

有栖川記念公園
児童コーナーのブランコ その2

オーソドックスな形をした、昔懐かしい感じのジャングルジムもあります。

有栖川記念公園
児童コーナーのジャングルジム

ジャングルジムの足元は簡単な迷路状になっているので、よちよち歩きの赤ちゃんも楽しそうに遊んでいました。

こんな感じの複合遊具もありました。

有栖川記念公園
児童コーナーの複合遊具

赤ちゃんも喜ぶスプリング遊具もあります。

有栖川記念公園
児童コーナーのスプリング遊具

そして、けっこう広めの砂場があります。

有栖川記念公園
児童コーナーの砂場

この砂場は、完全に柵で囲まれているので、ワンちゃんが入ってきて汚しちゃうこともなさそうで安心です。

児童コーナーで遊んだ感想

児童コーナーの遊具は以上です。
そんなに遊具は多くないですが、小さい子なら十分満足して遊べると思います。
ウチの娘は、2時間位は余裕で遊べます。

また、児童コーナーは柵に囲まれているので、子どもが急に公道に飛び出したり、何処かに行っちゃう心配がないので、親も安心感があると思いますよ。

 

公園内には子どもが遊べる広場あり

そして、児童コーナーの隣には広場があります。

有栖川記念公園
児童コーナー横の広場

スペースとしてはかなり広いので、ここでボール遊びをしたり、バトミントンをしたり、鬼ごっこをする子どもたちがたくさんいます。

 

広い芝生でお弁当

そして、広場のお隣には、芝生スペースがあります。
ここも柵で囲まれていて、ペットの連れ込みは禁止。
子どもたちが安心してお弁当を食べられるように配慮されています。

有栖川記念公園
芝生広場

桜の木が沢山植えられているので、桜の季節は花見をしながらお弁当を食べるのも良いかもしれませんね♡

 

公園隣に児童館『麻布子ども中高生プラザ』あり

ウチの娘は、公園のトイレを怖がって利用したがりません。
薄暗くて、あんまりキレイじゃないし、和式も多かったりするからだと思います。
そして、私自身も同じ理由で、公園のトイレは出来れば使いたくないです。

有栖川記念公園のトイレは利用してませんが、外観は新しくてキレイそうでした。

有栖川記念公園 トイレ

が、やっぱりできれば使いたくないな~と思っていたら、隣に『麻布子ども中高生プラザ』というという新しい公共施設を発見!

麻布子ども中高生プラザ 外観

この建物は港区の施設で、児童館を含め、お年寄りも利用できる施設が入っていたりと、複合的な施設のようです。

ここで、おトイレを利用するついでに、児童館を利用させてもらいました。
港区民じゃありませんが、住所や名前などを記入の上、利用することができました。

1階は誰でも利用できるちょっとしたカフェがあります。
カレーライスなど簡単なお食事も用意されているので、ここでランチすることもできますね。

麻布子ども中高生プラザ 児童館の様子

建物の2階に上ると児童館があります。
2階の受付で住所などを記入して、児童館を利用します。

赤ちゃん専用の『こそだてひろば』という部屋があり、ここは赤ちゃん連れしか利用できないので、安心です。
『こそだてひろば』の様子は、5才の娘は入れないので、詳しくは分かりませんが、鏡越しで見たところ、授乳室やオムツ替えが出来るベビーベッドなどもあるようでした。
また、畳スペースもあって、寝んねやハイハイ時期の赤ちゃんも遊べるようになっているようでした。
赤ちゃん連れの方は、有栖川記念公園で遊んだ後、こちらに移動して、オムツ替えや授乳をして一休憩できますね。

娘が利用した『ゆうぎしつ』は、ままごとセットやブロックなどが置いてあって、子どもたちが自由に遊ぶことができました。

麻布子ども中高生プラザ
ゆうぎしつにて

麻布子ども中高生プラザ
ゆうぎしつにて

『休憩スペース』にはテーブルと椅子が置いてあって、ここでなら食事をしても大丈夫です。
ランチを持参して、ここで食事している親子がけっこういました。
そして休憩スペースの一角には本棚もありましたよ。

麻布子ども中高生プラザ
休憩スペースの本棚

『アリーナ』という体育館もありました。

麻布子ども中高生プラザ
アリーナ

ここに置いてある車のオモチャで自由に遊ぶことができました。

麻布子ども中高生プラザ
アリーナに置いてある車のオモチャ

麻布子ども中高生プラザを利用した感想

麻布子ども中高生プラザは、有栖川記念公園で遊んだ後のちょっとしたブレイクタイムに丁度良い場所でした。
トイレもきれいだし、授乳やオムツ替えもできるので、ぜひぜひ公園とのセットで利用してみてください♪

麻布子ども中高生プラザのサイトへ

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ランチはツリーハウスレストランで

お弁当を持参して、有栖川記念公園の芝生エリアや麻布子ども中高生プラザの休憩スペースでランチしたり、麻布子ども中高生プラザ1階のカフェはお値段もお手頃なので、そこでランチするのも良いかと思いますが、せっかく広尾にいるので、私達はオシャレなカフェでランチすることにしました♪

テレビドラマのロケ地にもなったことがあるというオシャレなツリーハウスがあるカフェ『レ・グラン・ザルブル』です。

ツリーハウスカフェ
レ・グラン・ザルブル

ツリーハウスに娘は大喜びで、とっても素敵なカフェだったので、その時の様子は次の記事で詳しく書きたいと思います♪

という訳で今回はこの辺で。
ではでは・・・・。

 

スポンサーリンク

     
  
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です