諏訪湖の大絶景!立石公園は遊具も充実

長野県にある諏訪湖に行った際に、『立石公園』という公園へ遊びに行きました。
この公園は、諏訪湖近くの高台に位置し、諏訪湖を一望できる絶景公園として有名です。
新日本三大夜景・夜景百選にも選ばれているんだとか。
行ってみたら、期待以上の大絶景と、意外にも遊具が充実していて、娘(5歳)もご機嫌でした。
本日は、その『立石公園』の様子をレポしたいと思います。(昼間に行ったので夜景のレポートはありません。ご了承ください。)

※本記事に記載の内容は2019年5月の情報です。最新情報は施設のホームページなどでご確認ください。

立石公園へのアクセス

立石公園は、長野県は諏訪市にあります。
市の中心部から北東へ約 1. 5km離れた山腹にあります。

最寄り駅は中央本線「上諏訪駅」で、駅から徒歩40〜60分程です。
駅からの高低差も160mあり、子ども連れで徒歩で向かうには無理がありますね。
駅からタクシーだと10分くらいで、1,300円から1,500円くらいで行けるそうです。

車の場合は、諏訪ICから18分ほど。
公園へと向かう坂道は、道幅が狭く、住宅街を抜けて行く感じになるので、ちょっと不安になりましたが、無事辿り着くことができました。
無料の駐車場がありますが、そんなに広くなく、駐車台数25台です。
それでも私たちが行った時(平日)は余裕で停められました。

立石公園 駐車場

立石公園の様子

とにかく大絶景!

何と言ってもこの公園の売りはこの絶景でしょう。

立石公園からの景色

駐車場から既に絶景が見えます。
眼下には諏訪湖と諏訪の街並、遠くには北アルプスの山々も見えます。
思った以上の景色に感動ものでした!
素人が撮影した写真だとこの絶景を伝えきれないので、ぜひ絶景を見るだけでも、行ってみる価値のある場所だと思います。

ただ、景色はきれいですが、その代わりに坂はきついです。
山の斜面にある公園なので、園内だけでもかなりの高低差があり、園内の移動は大変です。
公園自体はそんなに広い訳ではないのに、1周したらゼイゼイはぁはぁしちゃいます。
それだけは、心積りしておいた方がいいかも。

遊具も充実♪

大人だけだったら景色をみるだけでも満足なのかもしれませんが、うちらは子連れです。
子どもは景色だけじゃ退屈してしまいます。
やっぱり遊具がないとね〜。
と言う訳で遊具をご紹介。

遊具エリアは、公園のこの辺りにあります。↓

立石公園 遊具エリア

駐車場の脇に、いきなりすべり台の滑り口がありました。
そんなの見つけたら滑らずにはいられません。
結構長いロングすべり台。

立石公園
駐車場からのびるロングすべり台

諏訪湖の景色を眺めながら滑ると、遊具エリアへと繋がっていました。

立石公園 ロングすべり台
諏訪湖の景色を眺めながら滑れる

ちなみに、このロングすべり台、黒色なので太陽熱を思い切り吸収して熱いです!
私たちが行った日はとても良い天気だったので、とってもお尻が熱かったです。
みんな「アチッ!アチッ!」と言いながら滑ってました。
皮膚の薄い赤ちゃんや幼児を滑らせる時は、くれぐれも気をつけてください。

すべり台を降りたところにあったのは、幼い子向けな感じの遊具エリアでした。

立石公園 幼児向けな感じの遊具エリア

近くには砂場もありました。

立石公園 砂場

娘(5歳)はここでも遊びましたが、向こうにもっと楽しそうなエリアが見えたので、ここで遊んだのは少しだけでした。
「ここは小さい子の場所!」なんて言ってました(^-^;)。

向こうに見えたもっと楽しそうなエリアというのがこちら。
アスレチックのような複合遊具は、5歳児娘にはちょっと難易度が高いですが、パパにヘルプしてもらいながら挑戦してました。

立石公園 アスレチック系の複合遊具
立石公園 アスレチック系の複合遊具

こういう、ちょっと難し目の遊具の方が、子どもの好奇心をくすぐるみたいですね。

そして、この複合遊具の下をくぐる感じで、もう1つのロングすべり台がありました。

立石公園 ロングすべり台その2

先程の駐車場からのびるロングすべり台よりは短めでしたが、木陰を滑るので、お尻も熱くなく、快適に滑れました。
娘も何度も何度も繰り返し滑っていました。

こんなカブトムシのすべり台もありました。
これは、子供心をくすぐりますね〜♪

立石公園 カブトムシのすべり台

クモの巣型の登り口があるツリーハウスのような複合遊具もワクワクしますね。
この遊具は娘のお気に入りでした。

立石公園 ツリーハウスの複合遊具

が、このツリーハウスの屋根にスズメバチが巣をせっせと造ってました!
襲ってくる感じはありませんでしたが、親的にはちょっと心配でしたよ( ̄ー ̄; ヒヤリ。

ツリーハウスの隣には、幼児用の遊具もありました。

立石公園
ツリーハウスの横には幼児用の遊具も

ただ、この幼児用の遊具、古いのか手入れが行き届いてないのか、汚れが目立って大分さびれ感がありました。

立石公園にあった遊具はざっとこんな感じでした。
個性的な遊具が多く、娘は楽しそうに遊んでました。

まとめ

立石公園

住所:〒392-0003 長野県諏訪市上諏訪10399番地外
電話:0266-52-4141(諏訪市 都市計画課 公園緑地係)
ホームページ:https://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=9193

勝手に評価

個人的満足度★★★☆☆公園からの絶景は素晴らしかったのですが、遊具等の手入れが今ひとつ行き届いていない感があって、そこが残念でした。
清潔感★★☆☆☆遊具の清掃状態が微妙・・・・蜘蛛の巣は仕様がないにしても蜂の巣は危険なので。トイレも薄暗くて出来れば使いたくない感じでした。
赤ちゃんおすすめ度★★★☆☆1,2歳の子でも遊べる遊具もありました。オムツ替え台などの設備はないです。
未就学児おすすめ度★★★★☆絶景にはあまり興味を示しませんでしたが、娘は色々な遊具で楽しく遊べて喜んでいました。

自然の中にある公園なので、虫が多かったりだとか、山の中なのでとにかく園内の高低差がすごくて移動が大変だったりだとか、デメリットと感じる部分もありましたが、絶景を見るだけでも一見の価値ありです。
子ども的にも、個性的な遊具が充実しているので楽しめる場所でした。

 

スポンサーリンク