六本木ヒルズとロボロボ公園 お金をかけずに子供と遊んだよ。

東京は港区麻布に数日間滞在した折に、お散歩がてら、4歳の娘と六本木ヒルズに遊びに行ってきました。
六本木ヒルズと言えば大人な場所という印象で、あまり子連れ向きではないイメージがありますが、すぐ近くにロボロボ公園(さくら坂公園)という楽しい遊び場もあり、お金をかけず楽しく過ごす事ができました。

まず、ロボロボ公園で遊んでから、六本木ヒルズへ移動して遊びましたので、その様子を書きたいと思います。

※この記事に記載の内容は2018年2月の情報です。最新情報は施設のホームページなどでご確認ください。

ロボロボ公園への行き方

ロボロボ公園は、かの有名な高級タワーマンション、六本木ヒルズレジデンスの隣にあります。
地下鉄六本木駅から見ると、六本木ヒルズを挟んで向こう側にあるイメージです。
地下鉄麻布十番駅から見ると、六本木ヒルズの手前側にあります。
六本木ヒルズ内を縦断するけやき坂通り沿いに六本木ヒルズレジデンスがあって、けやき坂通りから見るとその六本木ヒルズレジデンスの向こう側(後ろ側)にあります。

こんなトーテムポールみたいなオブジェが公園の目印です。

ロボロボ公園 オブジェ
後ろに見えるビルが六本木ヒルズレジデンス

 

ロボロボ公園(さくら坂公園)到着!

まず、上の写真の背の高いトーテムポールみたいなオブジェが見えてくるので、それが見えた瞬間、娘はテンションが上がって走り出しました。
ロボロボ公園到着!

小ぢんまりした公園ですが、週末の午後ということもあり、親子が沢山遊んでいました。
場所柄、外国人の子供達もいるし、セレブ風の親子連れもいます。

この公園で目に付くのが、何と言ってもカラフルな滑り台。
色だけでなく形状や大きさも様々で、子供は間違いなく吸い寄せられます。

ロボロボ公園 カラフルな滑り台

娘は、何度も何度も滑って、しばらくすると他の遊具で遊んで、でもやっぱりこの滑り台に戻って、また何度も滑るというのを繰り返していました。

そして、もう一つの滑り台は、ローラー滑り台です。
けっこう長めの滑り台です。

ロボロボ公園 ローラー滑り台

写真だと急な滑り台に見えますが、そうでもなく、1,2歳の小さい子達も、保護者にサポートされながら、楽しそうに滑っている姿が見受けられました。
4歳の娘は、一人でガンガン滑って、この坂を駆け上がり、また滑ってを繰り返していました。

小さい公園なので、メインの遊具は上記の2つです。

それ以外に、ロボットの形をしたこんな遊具や・・・・

ロボロボ公園 ロボットの形をしたスプリング遊具

こんな遊具もありました。

ロボロボ公園 遊具

娘的にかなり楽しかった様子で、寒い日だったのですが、1時間半くらい遊びました。
ちなみに、こちらの公園、トイレはありませんので、六本木ヒルズのトイレを利用することになります。

 

ロボロボ公園から六本木ヒルズへ移動

寒過ぎて私的に限界が来たため、最後は半ば強制的に終了し、室内を求めて、六本木ヒルズへと向かいました。

名残惜しそうに公園を眺める娘

六本木ヒルズへは橋で繋がっているので、移動は楽チンです。

公園から六本木ヒルズへ繋がる橋

六本木ヒルズレジデンスの間を通って、けやき坂の上を渡る橋を渡ります。
橋の上から東京タワーが見え、そこがフォトスポットになっていたので、写真をパシャリ♪

六本木ヒルズ
けやき坂の上を渡る橋で記念撮影

けやき坂の橋を渡ると、頻繁にイベント等が開催されている六本木ヒルズアリーナ付近に出ます。

六本木ヒルズのおやこ休憩室

六本木ヒルズで子供エリアと言えば、六本木ヒルズアリーナ横のヒルサイド地下2階ですので、そこに向かいました。
子供向けのお店が並び、おやこ休憩室や子供トイレもそのエリアに集中しています。

娘が大好きなレゴストアに入ってブロックで遊んだり、ボーネルンドでオモチャで遊んだりしつつ、最後はおやこ休憩室に落ち着きました。

おやこ休憩室に入ると正面にベビーエリアがあります。

六本木ヒルズ おやこ休憩室
ベビーエリア

ここは2才迄なので、うちの子は入れないので、奥のスペースへ。
休憩用の小さいイスとテーブルが並び、遊びスペースもあります。

六本木ヒルズ おやこ休憩室の様子

早速おままごとが始まりました。
私はイスに座って、しばし休憩させてもらいます。

おままごとに飽きると、「喉乾いた!!」と言うので、休憩室内にあった自販機で牛乳を購入。
手を洗って・・・・

六本木ヒルズ おやこ休憩室内
子供サイズの手洗い台

一服タイムです。

六本木ヒルズ おやこ休憩室で休憩

休憩室内にはオムツ交換台や授乳室もありましたよ。

六本木ヒルズ おやこ休憩室
オムツ交換台など

ちなみに、授乳室はこのおやこ休憩室以外に2カ所あるそうです。

六本木ヒルズ 授乳室の案内板

子供用のトイレは、おやこ休憩室のすぐお隣にありました。

六本木ヒルズ こどもトイレ
おやこ休憩室の隣にある

まとめ

すっかり暗くなってしまったので、麻布の滞在先へと帰りました。

あーよく遊んだ!
散歩がてら軽く遊ぶ予定が、結構がっつり遊ぶハメになりました。
限界まで遊び尽くした娘は、帰り道は完全にお疲れモード。
ちょっと抱っこしたら秒速で寝ってしまい、抱っこして滞在先に帰るのはかなりの重労働でしたぁ(T△T)。

今回は、牛乳を買った以外、全くお金がかかっていません。
意外や意外、セレブなイメージが強い六本木ヒルズエリアは、無料でも充分に子供と楽しめる場所でした。

さくら坂公園(ロボロボ公園)

住所: 東京都港区六本木六丁目16番46号
TEL:
ホームページ: 港区公式ホームページ/さくら坂公園

六本木ヒルズ

住所: 〒106-6108 東京都港区六本木6-10-1
TEL: インフォメーションセンター(総合案内)03-6406-6000(10:00~21:00)
ホームページ: 六本木ヒルズ/キッズガイド
 

スポンサーリンク