ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳 露天風呂付コテージ「花ホテル」宿泊記

舅・姑に誘われて、1月の中旬に2泊3日八ヶ岳旅行に行って参りました。
去年の11月にも八ヶ岳旅行に行っているので、また?という感じですが、八ヶ岳は何回行っても良いところ♪
今回は、舅セレクトの【ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原】の「花ホテル」というコテージに宿泊しました。
そのコテージの様子をレポートいたします!

※2018年1月の情報です。最新情報は施設のホームページ等でご確認ください。

ちなみに、去年11月の八ヶ岳旅行で宿泊したのはこちら↓です。

リゾナーレ八ヶ岳 子供連れに人気の星野リゾートホテルに宿泊。口コミがてらリポート。

花ホテルとは?

そもそも【ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳】ってどんな所なのか、ホームページを見てもイマイチピンときませんでした。
実際に利用してみて、やっと何となくシステムが分かりました。

ネオオリエンタルリゾートというのは、セラヴィリゾート泉郷という会社が管理運営する広大な別荘地で、敷地内には沢山の別荘が建ち並んでいます。
別荘所有者の中には、別荘を利用していない期間、貸別荘としてオリエンタルリゾートを通して、一般に貸し出している方もいるようです。
そこに私達は宿泊できるという訳です。

そして、「花ホテル」というのは、その貸別荘の中でも、露天風呂付きの別荘(コテージ)のことを言うようです。
一概に「花ホテル」と言っても、コテージの外観・内装・広さ・間取りなどは様々で、どんなコテージに当たるかは当日のお楽しみ♪みたいです。
ちなみにキッチンはなし。(というか、キッチンは使えないように鍵がかかってました。)

「花ホテル」以外にも、「キッチン付きコテージ」やワンランク上の「プレミアムコテージ」などの貸別荘もあるようです。

また、過ごし方も色々あり、素泊まりや、リゾート内のレストランで朝・夕の食事ができるホテルライクな過ごし方など選べます。
ちなみに私達は、朝・夕レストランでの食事付きプランでした。

敷地内には温泉もあって、それも利用できます。

(ざっと私の認識はこんな感じ。多少違ってるかもしれませんのでご了承ください。)


フロント棟でチェックインがてら棟内を物色

広大なネオオリエンタルリゾートの中央付近にフロント棟があります。
まずは、車でそこを目指します。
電車の方は、小淵沢駅や甲斐小泉駅からフロント棟を結ぶ送迎バスもあるようです。)

フロント棟到着!

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
フロント棟

目の前に駐車場もあるので、そこに車を停めてチェックインの手続きへ。
中に入ると可愛い雪だるまのオブジェがお出迎え。

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
フロント棟のオブジェ

フロントは一般的なホテルのフロントと同じような雰囲気。
夫がチェックイン手続きをしている間に、娘とフロント棟内を物色。

1Fキッズコーナー

フロントのすぐ横にはキッズコーナーがありました。

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原 キッズコーナー
左手がフロント

キッズコーナーには授乳室も完備。
ただ、置いてあるオモチャ等は、4歳の娘には少し物足りなかった様子。
もっと小さい赤ちゃん向けのキッズコーナーでした。

1F売店「おみやげ処花いずみ」

そして、結構広い売店もありました。

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
売店「お土産処 花いずみ」

お土産品以外にもカップ麺や調味料なども売っていて、素泊まりの人や別荘族の人も利用できる、内容の充実した売店でした。

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
売店には調味料等も売っている

上の写真にちらっと写っていますが、売店の奥にはゲームコーナーもありましたが、こちらは滞在中オープンになっている事はありませんでした。
ハイシーズンのみの営業かな?

1F温泉大浴場「花いずみの湯」

そして、売店の奥に、温泉大浴場「花いずみの湯」もありました。
こちらは、一般の日帰り入浴、リゾート利用者の利用ともできるようです。

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
花いずみの湯案内板

「花ホテル」利用の私達は、無料で利用する事ができました。
タオルも無料で貸し出してくれたので、コテージから持参する必要はありませんでした。

ちょっと消毒薬の臭いが気になりましたが、とても気持ちのよいお湯でした♪
体が芯から温まって、体のポカポカの持続時間が長かったのが印象的な温泉でした。

※2018年1月現在「花いずみの湯」は改修工事中です。
男女2ヶ所あるうちの1ヶ所で改修工事を行っていて、期間中は1ヶ所で男女入替営業となってます。

1Fスキーレンタル

スキー用品のレンタルもありました。
スキー場送迎付きの宿泊プランもあるようです。
そういった方はこちらでレンタルもできるみたいですね。

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
スキー用品レンタル

2Fお食事処

2Fはお食事処になっていました。
2Fについては、追々お食事について詳しく書こうと思っているのでその時に。

番外編

フロント棟内ではないのですが、フロント棟横の坂を少し下りた所に、アルパカがいました。

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
アルパカがきてるよ!

2月25日(日)までいるそうです。

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
期間限定アルパカ

つぶらな瞳に癒されました〜(❃´◡`❃)。

 

チェックイン後は車で花ホテルコテージに移動

チェックイン手続きも無事に終わり、宿泊するコテージに向かいます。
私達が宿泊するのは、フロント棟から徒歩5分程に位置するコテージです。
歩いて行っても良いのですが、コテージ前には駐車スペースもあるそうで、車で移動しました。
リゾート内は一方通行の道もあるので、車だと遠回りして行かねばなりません。
とは言っても車ですからね、特に問題なし。
(ちなみに、「花ホテル」利用者の場合、フロント棟⇔客室の送迎車もあるので、電車で行かれた方などは、それを利用するといいかも。)

フロントで地図を渡され、道順を説明してもらい、迷う事なく到着できました。

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
リゾート内の地図

赤ペンで四角く囲われている所が、私達が宿泊した花ホテルコテージです。
写真では分かりづらいかもしれませんが、地図上で、ピンク色で赤の花マークが付いているところが「花ホテル」です。
それ以外にも、黄色のところが「キッチン付きコテージ」のようです。
貸別荘、けっこう沢山ありますよね〜。

さあ、コテージに到着です♪

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
私達が宿泊した花ホテルのコテージ

気になる中の様子は、長くなりそうなので、また次回書きたいと思います。
と言う訳で、次回へと続く・・・・。

 

スポンサーリンク