初!子連れ海外旅行はハワイ♪【2日目】空振りショッピングと美味しいウルフギャング

2017年1月の末から2月の頭にかけて、3歳の娘を連れて、1週間のハワイ旅行へ出掛けました。
娘を連れての海外旅行はこれが初めて。
ワクワクも一杯だけど、不安も一杯。
さあ、どんな旅になるのでしょうか?

前回までの記事で、出発から1日目までを記しました。
今回は、ハワイ2日目です。
旅行記形式でご紹介いたしま~す♪

※こちらに掲載の内容は、2017年2月現在の情報です。最新情報は各種ホームページ等でご確認ください。


寝坊して清掃の人に起こされる

飛行機の疲れと、時差ボケで、完全に寝坊。
清掃の人に起こされる形で目を覚ましました。
「DO NOT DISTURB」をドアノブにかけていなかったので、清掃に入ろうとしてきました。
内鍵がかかっていたので、入られることはありませんでしたが。
「オー ソーリー」と言ってました。
それで私たちは目を覚まし、支度を開始。

とりあえず、昨日の夜調達しておいた食料で朝食です。
せっかくのオーシャンビューですから、バルコニーで朝食を食べる事に。

ハワイ
バルコニーで朝食

パンとヨーグルトとフルーツです。
コーヒーは、部屋に用意されていたライオンコーヒーをコーヒーメーカーで淹れました。
ホット対応の紙コップも部屋に用意されてました。
これなら、外出時にも持ち歩けて便利です。
ちょっと肌寒かったけど、バルコニーで海を見ながらの朝食は最高!

朝食後、お出掛けの身支度をしていると、再度、清掃の人がドアをノックします。
「ごめんなさい、まだです。」と言うと(一応英語で会話)、「どの位かかりますか?」と聞かれたので、「15分位。」と伝えて、せかされるように準備をして、部屋を出ました。

※宿泊したホテルは「アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」です。

【アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート】3歳児連れで泊まった口コミ感想part1

 

アラモアナショッピングセンターへはレインボートローリーで

今日の予定は、主にショッピング。
まずはアラモアナショッピングセンターへ向かいます。

JALパック利用なので、JALパック専用のレインボートローリーは無料で利用できます。
初日に渡されたJALパックカードを運転手さんに提示すればOK。

向かいのホテル「トランプインターナショナル」前にトローリーのバス停があるので、そこからまずは、DFSギャラリアへ向かいます。
そこで、アラモアナ循環のトローリーに乗り換えます。
ギャラリアの裏口みたいな車庫のような場所で降ろされるので、一瞬ここでいいのかな?と思いましたが、ここで乗り換えで間違いありませんでした。
ただ、ルートによっては、この裏口ではなく、ギャラリア横の道から発着のトローリーもあるので、きちんと確認することをお勧めします。
ちょっと遠回りですが、JALのトローリーだと、この方法がアラモアナへの行き方でした。

後で知ったのですが、クレジットカードのJCBカードを持っていれば、ワイキキトローリーのピンクラインに無料で乗れます。
このピンクラインなら、こんな遠回りせずとも、「トランプ」の向かい側からアラモアナ行きに乗れました。
ウチもJCBカードは持っているので、それを知ってからは、ピンクラインが便利で大活躍でした。
(1枚のJCBカードで、家族3人無料で乗れました。)

人気!イチオシ!ハワイツアーならジャルパック

ホノルル・クッキー・カンパニーはお土産に最適

レインボートローリーを乗り継いで無事、アラモアナショッピングセンターに到着。
最終目的地はここではないのですが、とりあえずトイレ休憩とひやかし。

ついでに、「ホノルル・クッキー・カンパニー」のお店があったので、お土産を買うことに。
ハワイのお土産と言えば、このクッキーというくらい有名ですよね。
これをお土産にしておけば間違いないんじゃないかしら?というくらい美味しいです。
夫の会社や、その他配る用に購入し、かつ、自宅用にも1箱購入。
自宅用は、自宅に帰る前、ハワイ滞在中に、娘と私でほとんど食べてしまいました・・・・(;’∀’)。
だって美味しいんだもん!
娘もいたく気に入ったようでした。

ちなみに、ホノルル・クッキー・カンパニーは、アラモアナショッピングセンターだけでなく、ワイキキにも何店舗もお店があるので、わざわざアラモアナまで出向かなくても買えますよ。

 

ショッピングは空振り続き

その後、ワードセンターズに向かいます。
今度はアラモアナショッピングセンターからレインボートローリーのダウンタウンルートに乗ります。
ワード・ゲートウェイ・センターにある「パタゴニア」でフリースを買うのが目的です。
でも、いくら探してもパタゴニアが見つからないんです。
間違えたかなと思って、地図とガイドブックを持ってウロウロしたのですが、やっぱり見つからない。
どうやらクローズした模様。
あるべき場所は、改装中なのか工事中で閑散としていました(-_-;)。
2017年版のガイドブックを見て行ったのに、すでに無くなっているとはーっ!!
東京と同じでホノルルも入れ替わりが激しいんですね・・・・。ガックリ。

結局、他に見たいお店がある訳でもなかったので、とんぼ返りでDFSギャラリアに引き返します。
ギャラリアに高級子供服の「マリー・シャルタン」があるとの事前情報があったので、そこを覗いてみて、良さげな物があれば買いたいな~なんて思ってました。
しかーしっ!
またまた、いくら探しても見当たらない!
どうやらこちらもクローズしたもよう。
なんて日だっ!!
もう、ぐったり疲れてしまって、ホテルに戻ることにしました。

ホノルルのショップは最新情報の下調べが必須ということが分かりました。

 

おやつは特大アイスクリーム

宿泊ホテル「アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」の道(カリア・ロード)を挟んだ向かい側、目の前にアイスクリーム屋さん?カフェ?を発見。

ワイキキ
ビーチウォークカフェ

ここで、グッタリ疲れた体に甘いものを!という訳で、おやつタイムです。
2つのフレーバーのアイスクリームをカップで注文したらこの量!

ハワイ
アイスクリーム

こぼれ落ちんばかりに盛り付けてくれました。
こういうの見ると、日本ってケチだよな~と思ってしまいますね。

なんとか家族3人で完食して、ホテルの部屋に戻って休憩。

 

ディナーは「ウルフギャング」で 意外に子連れ客多し

休憩後、お義母さんが合流して、今日のディナーのウルフギャングへ向かいます。
お義母さんが1週間程前に予約を入れてくれてました。
でも、ディナータイムは予約が一杯だったので、とれたのは4時半。
今日は軽い朝食とアイスクリームだけだったので、早めのディナーが丁度良かったです。
それに小さい子供がいると、早めの時間の方がいいです。
周りも、小さな子連れが結構いたので、気兼ねすることもなく過ごせました。
日本語のメニューもありましたよ。

ワイキキ ウルフギャング
日本語メニュー

そしてウルフギャングと言えば、これです!
(食べかけ写真ですみません。)

ワイキキ
ウルフギャング

2人前でしたが、大人3人+小食幼児1人にはちょうどいい量でした。
味はもちろん最高!
お皿が超熱く、ジュージューいってるので、娘が触ると危険です。
お肉が運ばれてくると、お店の方がバタフライ式のテーブルを伸ばして、娘が届かないように配慮してくれました。

このサラダも美味しかったな~。

ワイキキ
ウルフギャング サラダ

それ以外に、マッシュルームのソテーやオニオンリングなどを注文。
美味しかったけど、濃い味&ボリューム満点でした。

大人的には満足だったけど、娘的にはあまり食べれる物がなかったみたい。

 

「モアナサーフライダー」の「ザ・ビーチ・バー」で夜のお茶

食後の運動にロイヤルハワイアンなどを散策して、モアナサーフライダーへ移動。
オーシャンフロントにある「ザ・ビーチ・バー」でお茶することになりました。
(と言っても、夫はお酒でしたが。)

空いている席に座ると、お店の人がオーダーをとりに来てくれます。
担当についてくれたお店の方が、同じくらいの娘がいるらしく、親切にしてくれました。
ウルフギャングでは、あまり食べられなかった娘は、ここで子供用ピザを注文。
いたって普通のピザでしたが、娘は気に入ってバクバク食べてました。

生歌を聞きながらのんびりしてたら、満腹になった娘の眠気がピークに達したもよう。
ワイキキトローリーのピンクラインに乗って、ホテルに戻って就寝。

 

3日目につづく・・・・・。

こどもと楽しむ海外旅行特集!
不安解決Q&Aやママたちの意見を徹底研究したツアーなどもりだくさん!

 

スポンサーリンク