初!子連れ海外旅行はハワイ【5日目】美味しいレナーズのマラサダと微妙だったポキ丼

2017年1月の末から2月の頭にかけて、3歳の娘を連れて、1週間のハワイ旅行へ出掛けました。
娘を連れての海外旅行はこれが初めて。
ワクワクも一杯だけど、不安も一杯。
さあ、どんな旅になるのでしょうか?

前回までの記事で、出発から4日目までを記しました。
今回は、ハワイ5日目最終日です。
旅行記形式でご紹介いたしま~す♪

※こちらに掲載の内容は、2017年2月現在の情報です。最新情報は各種ホームページ等でご確認ください。


 

「レナーズ」でマラサダ

今日は、お義母さんと朝から一緒。
ホテルにお義母さんが迎えに来てくれました。
まずは、マラサダが美味しいことで有名な「レナーズ」へ行くことにしました。

レナーズへの交通手段

「レナーズ」は、ワイキキからちょっとだけ離れた「カパフル」エリアにあります。
歩くのはちょっときびしい。
自転車があればちょうどいい距離だと思うのですが、当然ないので、トローリーで向かいます。
ワイキキトローリーのピンクラインに乗って、まずはホテルからDFSギャラリアまで移動。
ギャラリアから、JALパックのレインボートローリー「カイムキ・カハラルート」に乗ってレナーズ近くまで移動しようと思ったのですが、トローリーが中々来ません。
どうやらこのルートは本数が少ないみたい。
(後で時刻表を見たら、1時間に1本程度の本数だったみたいです。)
待てど暮らせど来ないので、ギャラリア近くのホテル「シェラトン」前からタクシーを利用することにしました。
移動中、タクシーの運転手さんに「買うまで待っていた方がいいですか?」と聞かれました。
すぐワイキキに戻るのなら、待っててもらってもいいかもしれませんが、私達は、その後の予定があったのでお断りしました。

行列必至のお店

タクシーで到着すると、案の定行列ができていました。
20人位の列で、待ち時間は10分程度でした。
ちなみに、平日で時間は午前10時過ぎ位だったと思います。

レナーズ
外観

注文方法

店内はこんな感じで、ほかのスイーツ類も売っていますが、ほとんどのお客さんの目的はマラサダのようでした。

レナーズ
マラサダ以外も美味しそう

10分程度行列で待ってレジで注文して、その先でマラサダを受け取ります。
レジの注文の後、受け取りまで、また5分程度待ちました。

レナーズ
マラサダの箱

マラサダの種類もいくつかあります。
私達はオリジナルとシナモンを注文しました。
中にカスタードやチョコレートなどのクリームが入ったものもあるようですが、絶対甘すぎるだろうな~と思ったので、この2タイプにしました。

気になるマラサダのお味は?

レナーズ
マラサダ

お店の前にベンチがあります。
丁度良く空いていたので、そこで食べる事にしました。
まだ、温かくて出来たては美味し~い!
ふんわりもっちり。
見た目とおり甘いですが、意外に軽くてペロッと食べられてしまいました。
1個じゃ物足りない気もしましたが、この後も別のものを食べる予定があるので1個でガマン。
これは、甘いものが苦手でなければ、ハワイに来たなら一度は食べていいと思います!!

 

オノシーフードでポキ丼

美味しいマラサダの後は、ポキ丼を食べにオノシーフードへ向かいます。
ここは、ポキ丼が美味しいことで有名。
口コミ上位にランクインするお店なので、期待大で向かいます。

見逃してしまいそうな小さなお店

レナーズと同じカパフル通り沿いにあり、距離にして数百メートル位でしょうか?
徒歩5分前後で行くことができました。

小さいお店で、通りから奥まっているので、見逃してしまいそうになります。
それに、ただでさえ小さいお店なのに、その前に車が停まっているとよっぽど注意していないと見つけられないかも。
でも、事前に外観をしっかり調べて画像として目に焼き付けておいたので、無事見つけることができました。
古いアパートの1角にあります。

オノシーフード
外観

テイクアウトのお店

小さな店内の奥のカウンターで注文をして、手前でお支払いして受け取ります。
私は、タコ丼を注文。

カパフル オノシーフード
タコの丼ぶり

夫はスパイシーポキ丼を注文。
お義母さんはわさび醤油のポキ丼を注文しました。
ご飯は白米か玄米かを選ぶことができました。
サービスで缶ジュースも付いてきます。

お店の外に少しだけテーブルがあるので、空いてればそこで食べる事もできます。
私達が行った時は、テーブルはガラ空きだったので、そこで食べる事にしました。

食べた感想は?

私のタコ丼は、正直全然美味しくなかった(-_-;)。
夫のスパイシーポキ丼は、まあまあ。
そして、お義母さんが注文したわさび醤油のポキ丼も少し食べさせてもらいましたが、それもイマイチでした。
全体的に、後味として残る甘味が気になりました。
期待大だっただけに残念・・・。
これは好みが分かれるのかもしれません。
私的には、もう2度目はないと思ましたが、夫はハワイで食べたものランキングの中で、ここのポキ丼は上位に来るそうです。

余談ですが、サービスで付いてきた缶ジュース、私は緑茶を選んだんですが、この緑茶が甘くてびっくり。
予想外の味に、思わず吐き出しそうになりました(-_-;)。

クヒオビーチへ

その後、大した距離ではありませんが、ザ・バスに乗ってクヒオビーチに移動。
そこでのんびりと過ごしました。
気温的に、海に入るには少し肌寒い感じだったので、足を入れただけ。

日本でお留守番中のお義父さんの強い要望で、娘にこんな格好をさせて写真撮影しました。

娘にハワイアンな衣装を

私的にはちょっと恥ずかしかったけど、娘とお義母さんはノリノリでした。
娘本人が喜んでいたので、まあ良しとします。

 

金曜の夜はヒルトンの花火

ヒルトン花火
金曜日の夜

ビーチからホテルにいったん戻り休憩。
この日は金曜日だったので、ヒルトンの花火の日です。
ヒルトンのバケーションタイムシェアで宿泊しているお義母さんの知り合いがいたので、そのお部屋にお邪魔させてもらうついでに、ヒルトン敷地内のビーチにある会場で花火をみることになりました。
花火は、予想通り、かなりの小規模。
あっという間に終わってしまいました。
でも、目の前で打ちあがるので、迫力はありました。
娘は怖がって、パパにずっとしがみついてました。
会場では、花火の後、野外での映画上映会をやっていましたが、私達は花火だけみて退散しました。
ヒルトンのタイムシェアオーナーのお義母さんのお知り合い曰く、以前と打ち上げ場所が変わったそうです。
そのせいで、ヒルトン以外の場所から花火が見えずらくなったとか。
私は以前を知らないので、なんとも分かりませんが・・・。

その後、お知り合いのお部屋でちょっとまったりさせてもらって、ホテルに戻り就寝。
翌日は帰国です。

 

朝の便で日本へ

帰りの便は朝8時50分発のJAL便。
朝の4時位に荷物のピックアップがあり、自分たちの集合はJALパックのアロハラウンジに6時。
そこから送迎バスで空港へ。
やっぱり早朝便はキツイ・・・・(-_-;)。
次回からは、お金払ってでも早朝じゃない便にしたい・・・・。

 

以上が、5泊7日、我が家のハワイ旅行記でした。
次回は宿泊したホテル「アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」の感想を書きたいと思います。

こどもと楽しむ海外旅行特集!
不安解決Q&Aやママたちの意見を徹底研究したツアーなどもりだくさん!

 

スポンサーリンク