横浜のキモい展(期間限定)で子どもと一緒に大興奮してきた【閲覧注意!】

横浜のみなとみらいにて、期間限定『キモい展』なるものが開催中なのをご存知でしょうか?
『キモい展』では、世界中から集めてきた、これまでに見たことのないような奇妙な姿をした生き物や、普段の生活の中では出会いたくないような姿をした生き物が展示されています。

私は、そんな展示など全くもって見たくなかったのですが、グロ系大好きな我が夫と、怖がりつつもグロ・キモ系に興味深々の娘が「行ってみたい!!!」とかなり前のめりで訴えたので、行ってみる事にしました。
とは言っても、私は中に入らず、2人が『キモい展』を楽しんでいる間は、別行動(ショッピング♪)をさせてもらいましたが・・・・(;^_^A。

と言う訳で、私は中の様子は全く知りませんので、今回の記事は、主に夫の報告を元にしてレポさせていただきます。
以下、【閲覧注意】な画像も出てきますので、グロ・キモ系が苦手な方はくれぐれもご注意ください。

※当記事に記載の内容は2018年10月の情報です。最新情報はイベントホームページ等でご確認ください。


キモい展リターンズ 概要

2016年夏に開催された『キモい展』が好評だったのか、今年2018年、リターンズとしてパワーアップして帰ってきました。
全国何箇所かまわってきたようですが、横浜での開催は2018年9月14日〜11月25日までとなっています。

場所は、みなとみらい駅直通のショッピングモール『マークイズみなとみらい』の5階、『オービィ横浜』前に造られた特設会場です。

チケットは、当日券(¥800)を入場口で購入することもできますが、前売り券だと100円安く¥700になります。(3歳以下無料)
前売り券はローソンチケットで購入することができます。
また、ローソンチケットでは、『オービィ横浜』とのセット券も販売しているので、『キモい展』ついでに、人気の『オービィ横浜』にも行ってみてもいいかもしれませんね。

 

キモい展 休日の混雑状況

私たちは3連休の最終日に行きました。
オープン時間が11時ですが、混んでるかな?と思い、少し早めに会場に到着するようにしました。
会場に着いたのは、10時45分頃だったと思います。
その時点で、既に20人位の人が並んでいました。
子連れの方は多かったけど、小学生の男の子がほとんどで、ウチみたいに未就学児の女の子は見当たりませんでした(^~^;)。

横浜キモい展リターンズ
オープン前 既に行列が

その後も列は延びて、オープンまでに40人くらいは並んでいたと思います。

そして、オープンと同時にお客さんがいっきに会場内に入ったので、会場内も混雑していて、展示によっては、じっくり見れないよぉ〜!なんてのもありました。

が、しかし!展示を見終わって会場を出た時には、入場の行列はなかったので、逆に早く行かない方が混雑はなかったかも( ̄▽ ̄;)。

 

閲覧注意!キモくて魅力的な生き物たち

ここからは展示されていた生き物たちの画像が続きますので、苦手な方はご注意を。
写真撮影は、フラッシュを焚かなければOKだったので、バンバン撮らせてもらいました。
※以下、夫の撮影とレポートになります。

展示していた全てを紹介するのは無理があるので、特に自分的に興味深かった生き物たちを紹介していきます♪

入口を入ると、通路の両脇にいるこの子たちが熱烈歓迎してくれました!
チキチキと元気よく動き回る大量の幼虫たち。
娘は「抱っこして見せて!」と興味深々で見入っていました。

横浜キモい展リターンズ
入口でお出迎え

このカメ(マタマタ)は別にキモくない。

横浜キモい展リターンズ
マタマタ

亀の骸骨も展示されてました。

横浜キモい展リターンズ
亀の骸骨

動き回る大量のカエル(.;゚;;∀;゚:,)。
動き回っていたので、写真ブレブレですみません。

横浜キモい展リターンズ
大量のカエル

体長20㎝はあろうかという巨大カエル。

横浜キモい展リターンズ
巨大カエル

体長は15㎝くらい、不細工なカエル。

横浜キモい展リターンズ
不細工カエル

インスタ映えする(?)きれいなヘビたち。

横浜キモい展リターンズ
へび

体長10㎝前後の毛むくじゃらなクモ。
動きはあまりない。

横浜キモい展リターンズ
クモ

夢にまで見たマダガスカルゴキブリ!
ついに本物を目の前で見ることができました!
7㎝くらいある大きなゴキブリです。
触覚だけがしきりに動いていました。

横浜キモい展リターンズ
マダガスカル大ゴキブリ

マダガスカル大ゴキブリより更に大きなゴキブリ。
9㎝くらいはあったと思います。

横浜キモい展リターンズ
巨大ゴキブリ

とぐろを巻いた状態で直径が12㎝くらいある、インパクト大なヤスデ。
このヤスデは、娘的にツボだったようで、急にテンションが上がって、興奮しながら眺めていました。

横浜キモい展リターンズ
ヤスデ

20㎝以上ありそうな大ムカデ。

横浜キモい展リターンズ
大ムカデ

最後のメインイベント!ゴキブリタワー!!!
トルキスタンローチという小さめのゴキブリがうじゃうじゃ。
爆発的な繁殖力と強い生命力を持ち、恐ろしいスピードで増殖するんだそうです。
娘と2人で大興奮!

横浜キモい展リターンズ
ゴキブリタワー

ゴキブリタワーの足下には、無数の卵が落ちていました((((;;OдO;lll))))。
お尻に卵をくっ付けて歩いているゴキブリも。

横浜キモい展リターンズ
大量のゴキブリの卵

最後は『キモい展』のイメージキャラクター、アンガールズ田中が見送りしてくれました。

横浜キモい展リターンズ
アンガールズ田中

規模的には、じっくり見て回ったとしても、1時間はかからないくらいでした。

ちなみに、毎週火・木曜日の15時〜16時は昆虫試食会が、毎週月・木・金曜日の15時から15時半はふれあいゾーンがオープンするらしいです。
興味のある方は、そこに合わせて行かれてみては?

 

キモい展 グッズ販売あり

展示会場を出ると、お土産コーナーになっていました。

興奮覚めやらない娘が、キモいお土産を物色。

横浜キモい展リターンズ
お土産コーナーにて

ウチは買いませんでしたが、昆虫食の販売もありました。

横浜キモい展リターンズ
昆虫スナック 幼虫ミックス

横浜キモい展リターンズ
バッタチョコレート

我が家が買ったのは、無難なところで、ただキモい生物のシルエットがプリントされているだけのキャンディとチョコマシュマロです。

横浜キモい展リターンズ
キャンディとチョコマシュマロ

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

キモい展の感想とまとめ

あ〜面白かった!
期待に充分答えてくれる満足な展示内容でした。
我こそは悪趣味でゲテモノ食いと言う方は、ぜひぜひ足を運んでみてください。
見て損はないと思いますよ。

娘も目を輝かせながら楽しんでくれたので、良かったです。

キモい展は、一般受けする子連れ向き施設では決してないですが、物好きな子でしたら、きっと喜んでくれると思います。
こういう生態系を知ることも、子どもの良い勉強になることは間違いないでしょう。
子どものが望むのであれば、その好奇心をどんどん刺激してあげましょう!

キモい展リターンズ 横浜会場

住所: 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目5番1号マークイズみなとみらい5階オービィ横浜前特設会場
TEL: 0120-054-283(平日11時から17時)キモい展事務局
営業時間: 11時から19時 ※最終入場は閉場の30分前
ホームページ: 横浜会場/キモい展リターンズ

 

スポンサーリンク

     
  
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です